新型コロナウイルスに感染したら

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID 1041692  更新日 令和4年1月22日 印刷 

1 新型コロナウイルス感染の確定

 発熱などの症状があり、かかりつけ医で検査を受けた場合などに新型コロナウイルス感染症と診断された場合、濃厚接触者となったりCOCOAで保健所での検査の結果、陽性と判定された場合に新型コロナウイルス感染症患者であることが確定します。

2 保健所の積極的疫学調査

 新型コロナウイルス感染症患者に対し、感染拡大防止を目的に発症日の14日前から現在までの行動歴(いつ、どこで、誰とという接触の状況)をお聞きし、「感染源の探索」と「濃厚接触者の特定」などを行います。これを積極的疫学調査といい、内容は次のとおりです。

感染源の探索

 感染源を特定するため、新型コロナウイルスの潜伏期間を考慮し、発症日から14日前までの行動歴をお尋ねします。

濃厚接触者の特定

 患者が接触したことで感染した可能性の高い「濃厚接触者」を特定し、自宅待機を要請するとともに検査を行います。

濃厚接触者とは

国立感染症研究所の「積極的疫学調査実施要領」において次のように定義されています。

  • 患者(確定例)と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった者
  • 適切な感染防護無しに患者(確定例)を診察、看護若しくは介護していた者
  • 患者(確定例)の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者
  • 手で触れることの出来る距離(目安として1メートル)で、必要な感染予防策なしで、「患者(確定例)」と15分以上の接触があった者(周辺の環境や接触の状況等個々の状況から患者の感染性を総合的に判断する)

※陽性者の急増により、現在、濃厚接触者の抗体検査・PCR検査は陽性者の同居家族に限定しています。同居家族以外の濃厚接触者の方は、2週間の自宅待機はしていただきますが、保健所での検査は行いませんので、検査を希望される場合は、かかりつけ医にご相談ください(濃厚接触者と特定された場合、検査の費用はかかりませんが、初診・再診料等は必要です。)。
※かかりつけ医が検査を行っていない場合は受診・相談センター【昼間(午前8時45分~午後5時)0586-52-3850】にお問い合わせください。

積極的疫学調査の内容

 積極的疫学調査は、次のことを詳細にお尋ねしますので、1時間程度かかりますが、今後の療養生活や感染拡大防止のためにとても重要なことですので、ご協力をお願いします。

  • 基本情報 … 氏名、住所、学校・勤務先、基礎疾患、緊急連絡先など
  • 臨床経過 … 発熱や咳などの症状(発症後の日ごとの経過)
  • 行動歴 … 14日間の行動歴と接触者

積極的疫学調査時に少しでもご負担をおかけしないために

 調査の中でも時間がかかるのは、14日間の行動歴と濃厚接触者についての聞き取りです。

  • いつ、どこで会社の取引先や学校の友達と会ったか2週間分を思い出すのは難しいのではないでしょうか
  • 濃厚接触者と特定されると、その方の氏名、生年月日、住所、連絡先をお尋ねし保健所での検査を案内しますが、ご家族以外の方のことは意外と分からないのではないでしょうか

 電話しながら上のような細かいことを思い出していただくのは難しいので、事前にご自分の行動歴や濃厚接触者にあたると思う方の住所・連絡先の準備があると調査がその分早く終わり、ご負担も少なくなります。

 行動歴をスマートフォンのGPS履歴を活用し確認する方法を紹介していますので、下記リンク先をご覧ください。(行動歴の例もあります)

3 濃厚接触者になったら

 検査結果が陰性でも潜伏期間があるため、その間に発症する可能性があり、無症状のまま人に感染させるおそれがありますので、健康観察期間は自宅待機をお願いしています。

健康観察期間について

 健康観察期間は、感染可能期間内に患者と接触した最終日から10日間※となります。

※1月14日付で、待期期間が14日間から10日間に短縮されました。

(例)最終接触日が4月1日(木曜日)の場合、健康観察終了日は10日後の4月11日(日曜日)となります。

健康観察期間の過ごし方

  • 毎日体温を測り、健康状態をご確認ください。
  • 通勤や通学を含む外出は控えてください。
  • やむをえず外出する際は、マスクの着用と手指消毒などの感染予防策を必ず行ってください。

症状が出た場合

 発熱などの症状が出た場合は、受診相談センターまでご連絡ください。

  • 【昼間(午前8時45分~午後5時)】 0586-52-3850
  • 【夜間(緊急の場合のみ)】 052-856-0315

4 療養について

医師の判断や症状などにより療養場所が決まります。

療養期間のめやす(厚生労働省が定めた基準)

入院又は宿泊療養施設などでの療養を開始後、以下のいずれかを満たすと、通常の生活に戻ることができます。

※医師の判断により延長される場合があります。

症状のある方

  • 発症日から10日間経過し、かつ症状軽快後72時間を経過した方

※ 途中で発症した場合は、改めて「症状のある方」の基準が適用されます。
※ 症状軽快とは、解熱剤を使用せずに解熱し、かつ、呼吸器症状が改善傾向にあることを指します。

療養期間の満了は、最短で発症日から10 日間経過した時となります。
(発症日が1月1日の場合、最短の満了日は1月11日となり、12日から通常の生活にお戻りいただけます。)

※ 症状軽快後72時間経過の条件を満たしていない場合は、その経過をもって療養期間を満了します。
(先の例で、1月9日に症状が軽快した場合は、満了日は1月12日となり、13日から通常の生活にお戻りいただけます。)

症状のない方

  • 陽性と判定された検査の検体採取日から10日間経過した方
  • 陽性と判定された検査の検体採取日から6日間経過し、PCR検査などで2回連続で陰性となった方

自宅療養中の過ごし方

  • 外出は必要最低限に自粛をお願いいたします。
  • 電車やバス、タクシーなどの公共交通機関を使用しないでください。
  • 一宮市保健所から健康観察を行うため、定期的に確認しますのでご協力をお願いします。
  • 一宮市保健所では、血中酸素濃度計(パルスオキシメーター)をお貸ししています。
血中酸素濃度計(パルスオキシメーター)
一宮市でお貸ししている血中酸素濃度計(パルスオキシメーター)

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
       

このページに関するお問い合わせ

保健予防課 感染症グループ
〒491-0867 愛知県一宮市古金町1丁目3番地 一宮市保健所1階
電話:0586-52-3854 ファクス:0586-24-9388
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。