平成30年度以降におけるあんしん介護予防事業(介護予防・日常生活支援総合事業)の見直しについて

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID 1023993  更新日 令和4年1月15日 印刷 

 平成30年度以降におけるあんしん介護予防事業(介護予防・日常生活支援総合事業)の見直しについて、以下のとおりお知らせします。


1.介護予防・日常生活支援総合事業における「国が定める単価」について

 介護予防・日常生活支援総合事業(以下「総合事業」という。)のサービスのうち、指定事業者により提供されるサービス(従前の介護予防訪問介護または介護予防通所介護に相当するサービス及び緩和した基準によるサービス)の単価は、地域支援事業実施要綱において国が定める額を上限として、市町村が定めることとしています。
 国においては、今回(平成30年4月)の介護給付における訪問介護及び通所介護並びに予防給付における介護予防支援の介護報酬改定を踏まえ、平成30年度以降の総合事業の単価についても加算を創設するなどの改正が行われました。
(下記「平成30年度介護報酬改定を踏まえた介護予防・日常生活支援総合事業において国が定める単価の見直し」参照。)

単価の見直し1

単価の見直し2

単価の見直し3


 これに伴う一宮市のあんしん介護予防事業における改正については、下記のとおり予定していますのでお知らせします。

あんしん介護予防事業における見直し予定について

  • 訪問型・通所型サービスにおける基本単位数については、現行の基準のままとします。
  • 訪問型・通所型サービスにおける生活機能向上連携加算、及び通所型サービスにおける栄養スクリーニング加算に関する今後の取扱いについては、実施の可否も含めて現在検討中です。
  • 訪問型サービスにおける同一建物等居住者にサービスを提供する場合の建物の範囲、生活援助中心型研修修了者のサービス従事、及びサービス提供責任者の役割や任用要件については、国が定める基準により改定する予定です。
  • 通所型サービスにおける機能訓練指導員の対象資格、事務室・設備の共用基準については、国が定める基準により改定する予定です。
  • その他、地域共生社会の実現に向けて、あんしん介護予防事業における共生型サービスを創設し、基準・報酬についての必要な対応を行う予定です。

改正時期

 決定後、愛知県国民健康保険団体連合会における単位数表マスタインターフェイス(CSVファイル)の確認等必要な手続きが完了次第、速やかに実施します。
 なお、実施の詳細につきましては、本ウェブサイトにて改めてお知らせします。


2.運営規程の変更について

 平成30年3月31日をもって、県指定の介護予防訪問(通所)介護が廃止されることから、運営規程を一体的に作成している場合は、廃止日までに運営規程から介護予防訪問(通所)介護に係る規程を削除する必要があります。
 運営規程の変更については、変更後10日以内に届出が必要となりますが、当該変更に係る届出については、ほかの事由による変更届と合わせて提出することができるものとします。(この取り扱いは、本来の提出期限である変更後10日以内の提出を妨げるものではありません。)
 ただし、この場合において他の変更事由がない場合であっても、愛知県の取り扱いに準じ平成30年6月末までに変更届を提出してください。(平成30年3月12日、愛知県介護保険指定事業者講習会資料、3頁を参照。)


より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
       

このページに関するお問い合わせ

高年福祉課 地域支援グループ
〒491-8501 愛知県一宮市本町2丁目5番6号 一宮市役所本庁舎2階
電話:0586-28-9151 ファクス:0586-73-1019
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。