生活支援

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID 1001359  更新日 令和4年3月14日 印刷 

(注)利用については各担当課または実施機関にお問い合せください。

子どもの保育

 仕事と子育てを両立させるため、子どもの保育が必要となったときに利用できる事業です。 ただし、施設定員などによりお預かりができない場合があります。

保育所 [対象:一般]

担当:市保育課 
入所グループ 
電話:0586-28-9024(直通) 
入所相談:市内各保育園

保護者の仕事などの理由により、家庭で保育できない乳児幼児を保育園でお預かりします。

休日保育事業 [対象:一般]

担当:市保育課 
施設管理グループ 
電話:0586-28-9024(直通) 
入所相談:実施保育園

保護者の就労形態などで、休日(日曜日・祝日)に家庭での保育ができない場合、実施保育園(市内の一部の保育園のみで実施)で保育します。利用対象者は、市内の保育園に在園する児童(10カ月児以上)です。

放課後児童クラブ [対象:一般]

担当:市子育て支援課 
入所・施設管理グループ 
電話:0586-28-9022(直通)

保護者の仕事などの理由により、小学校下校後、家庭で保育できない小学1~6年生の児童を放課後児童クラブでお預かりします。

ファミリー・サポート・センター事業 [対象:一般]

担当:市ファミリー・サポート・センター 
電話:0586-28-9772(直通)

ファミリー・サポート・センターは、子育ての手助けをして欲しい方と子育てのお手伝いをしたい方がお互いに助け合う会員組織です。相談により児童の送迎や一定の時間帯の保育など、さまざまな利用のしかたができます。また、一時的な保育も依頼できます。

一時的な子どもの保育

 保護者の病気や急な仕事の都合などで、一時的に子どもの保育が必要となったときに利用できる事業です。ただし、施設定員などによりお預かりができない場合があります。

ひとり親家庭等日常生活支援事業 [対象:母子・父子・寡婦]

担当:市子ども家庭相談課 母子・父子自立支援員 就業支援専門員 
相談電話:0586-28-9133(直通)

保護者の病気、急な仕事の都合などにより一時的に日常生活に支障が生じた場合に、家庭生活支援員を派遣して子育て支援や、生活援助を行います。ご利用には、あらかじめ登録が必要です。

一時保育事業 [対象:一般]

担当:市保育課 施設管理グループ
電話:0586-28-9024(直通)
入所相談:実施保育園

保護者が入院、出産、災害などで急に家庭での保育が困難になった場合や、仕事の都合などによって週2~3日保育できない場合、実施保育園(市内の一部の保育園のみで実施)で児童をお預かりします。

子ども一時預かり事業 [対象:一般]

担当:市中央子育て支援センター 
電話:0586-85-7026(直通)

保護者のリフレッシュのため、中央子育て支援センターの一時預かり施設で、一時的(1日1回4時間まで)に乳幼児をお預かりします。

ファミリー・サポート・センター事業 [対象:一般]

(注)上の「ファミリー・サポート・センター事業」をご参照ください。

子育て短期支援事業(ショートスティ事業)[対象:一般]

担当:市子ども家庭相談課 
電話:0586-28-9141(直通)

保護者の病気、急な仕事の都合などで、家庭で児童を養育することが一時的に困難になった場合に、児童養護施設などで一定期間(原則7日以内)児童を宿泊させてお預かりします。

住居

市営住宅入居相談[対象:一般]

担当:市公共建築課 住宅管理グループ 
電話:0586-28-8649(直通)

県営住宅入居相談 [対象:一般]

実施機関:名古屋尾張住宅管理事務所一宮支所 
電話:0586-28-5411
所在地:一宮市今伊勢町本神戸字立切1-4愛知県一宮建設事務所

母子生活支援施設入所相談 [対象:母子]

担当:市子ども家庭相談課 
電話:0586-28-9141(直通)

特別な理由のために児童の養育が十分にできない場合に、母子家庭の母と児童が一緒に入所して自立の促進を図ることを目的とする児童福祉施設です。「住宅」ではないので生活上の制約があり、また、長期的に居住することはできません。

医療費の助成

母子・父子家庭など医療費助成 [対象:母子・父子など]

担当:市保険年金課 福祉医療グループ 
電話:0586-28-9013(直通)

母子家庭、父子家庭などで、一定の要件に該当し「母子・父子家庭など医療費受給者証」の交付を受けた場合は、医療機関でこれを健康保険証と併せて提示することにより、母(父)と子どもの保険診療費が無料になります。

養育費の取り決め

養育費に関する公正証書などの作成費用補助 [対象:母子・父子]

担当:市子ども家庭相談課 母子・父子自立支援員 就業支援専門員
相談電話:0586-28-9133(直通) 

養育費の取り決めに関する公正証書の作成や、調停調書・判決書などの取得について、かかった費用を補助します。

その他の支援

就学援助 [対象:一般]

担当:市学校教育課
電話:0586-85-7073(直通)
相談:各市立小中学校

一定の事由に基づき経済的に困っていると認定される家庭は、給食費や学用品などについての援助が受けられます。児童扶養手当を受給している家庭は援助の対象となります。

通勤定期運賃の割引 [対象:母子・父子など]

実施機関:JR各社 
証明書発行:市子育て支援課 手当グループ 
電話:0586-28-9023(直通)

児童扶養手当を受給している世帯の方のJR通勤定期運賃が割引となります。市ではJR窓口に提出する証明を発行しています。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
       

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭相談課
〒491-8501 愛知県一宮市本町2丁目5番6号 一宮市役所本庁舎4階
電話:0586-28-9141 ファクス:0586-73-7701
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。