熱帯、亜熱帯地域で「デング熱」が流行しています!

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID 1057370  更新日 2024年5月20日 印刷 

デング熱に注意しましょう

 デング熱については、流行地において蚊に刺されて感染するものであり、過度に心配する必要はありませんが、現在、熱帯・亜熱帯地域でデング熱の大規模な流行が報告されています。
 流行地に滞在後、発症した場合はかかりつけ医や最寄りの医療機関にご相談ください。

デング熱

蚊媒介感染症とは

蚊媒介感染症とは、病原体を保有する蚊に血を吸われることによって起こる感染症のことです。
蚊がウイルスを保有している場合、刺された人が病気を発症することがあります。

その他の主な蚊媒介感染症

■ジカウイルス感染症

■チクングニア熱

■マラリア

■日本脳炎

■黄熱

■ウエストナイル熱

蚊による感染症の対策について

蚊に刺されない!

自分が感染しない、他の人に感染を広げないためにも蚊に刺されないようにすることが大切です。蚊が発生してる地域や場所では、できるだけ次のような対策をしましょう。

腕、足、首など肌の露出を極力避けましょう。
虫よけスプレーを使用し、蚊に刺されないようにしましょう。
白など薄い色のシャツやズボンを選びましょう。

ダニイラスト

蚊を増やさせない!

蚊媒介感染症を媒介する蚊の発生を抑えることも大切です。蚊は水中に産卵しますが、沼や池のような広い場所よりも狭い水たまりのような場所を好みます。例えば、屋外に置かれた植木鉢の受け皿や空き缶、ペットボトルなどに溜まった水、野積みされた古タイヤに溜まった水などにも好んで産卵し、成長します。こうした生態から、家の周囲を点検し不要な水たまりをなくすことが感染拡大を防ぐことにつながります。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
       

このページに関するお問い合わせ

保健予防課 生活衛生グループ
〒491-0867 愛知県一宮市古金町1丁目3番地 一宮市保健所1階
電話:0586-52-3855 ファクス:0586-24-9388
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。