下水排除基準

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID 1005886  更新日 平成31年3月15日 印刷 

 工場や事業場の排水には、下水道施設をいためるだけではなく、川や海に流れ込むと自然破壊につながる有害物質が含まれていることがあります。
 酸性の強い排水はコンクリート構造物を溶かし、揮発性有機物質は下水処理に必要な微生物を殺します。また、重金属などの有害物質は浄化センターで処理できません。
 このため、法律や条例では、別表のように水質基準を定めています。工場や事業場は排水処理施設(除害施設)を設け、基準に適合した水質で排水していただいています。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
       

このページに関するお問い合わせ

施設保全課 水質管理グループ
〒491-0837 愛知県一宮市多加木5丁目32番53号 東部浄化センター
電話:0586-73-5487 ファクス:0586-73-3329
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。