生ごみ減量について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID 1001778  更新日 令和4年3月3日 印刷 

生ごみ減量にご協力ください

生ごみ減量のすすめ

生ごみに含まれる水分量

一宮市で処理している生ごみ1年分には25mプール約125杯分の水分が含まれています!

 「市で処理する可燃ごみ」のうち、生ごみだけで年間約39,180トン(令和2年度実績)。
生ごみの約80%が水分ですから、水分量は約31,344トン、25メートルプール(25メートル×10メートル×1メートル)に換算すると約125杯分にもなります。

この水分を「可燃ごみ」として出す前に減らすことができれば、ごみの減量に大きな効果を得ることができます。

生ごみ減量のメリット

 生ごみを減らすと、ごみの量が減り、ごみに含まれる水分の量も減ります。ごみの量が減ることで収集車の燃費も良くなり、ごみを燃やす時間も短くなります。水分の量も減るため効率的に燃やすことができ、余分なCO2の削減に繋がります。また、ごみの処理に必要となる費用も削減できます。
生ごみの臭いにも効果的です。

生ごみ減量の方法

「3きり運動」

食材は使いきり

余分な買い物はしない。衝動買いはしない。

料理は食べきり 料理は食べる分だけ作る。残った食材をアレンジしておいしい料理に。
出た生ごみは水きり 水分をしぼる。水にぬらさない。風通しの良い場所で乾かす。

生ごみの水切り

大さじ4杯で3,000トン以上の減量に!

家庭で生ごみを捨てる時に、「ぎゅっ」としぼって大さじ3杯(45cc)の水切りをすると、市全体では年間約2,630トン以上のごみが減ります。
「ぎゅぎゅっ!」としぼって大さじ4杯(60cc)の水切りをすると、市全体では年間約3,470トン以上のごみが減量できます。

(注) 160,400世帯が毎日1回実行した場合(平成31年4月1日現在)
160,400世帯 × 60グラム × 365日 = 3,500トン

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
       

このページに関するお問い合わせ

廃棄物対策課 一般廃棄物グループ
〒491-0201 愛知県一宮市奥町字六丁山52番地 環境センター
電話:0586-45-5374 ファクス:0586-45-0923
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。