認知症カフェ

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID 1033897  更新日 令和3年6月3日 印刷 

認知症カフェとは

「認知症の介護は頑張らなくてもいい」そう言われても、相談しにくいし気軽に外出もできない。そう思っている介護者は多くいます。一方で、認知症の人や家族をサポートしようという活動が広まっているのです。その一つが認知症カフェ。認知症の人も気軽に来ることができる場所です。まずは気分転換に足を運んでみませんか。カフェから帰るとき、気持ちが楽になっているかもしれません。

イラスト:認知症初期集中支援推進事業

ほっとひといきちょっと気持ちが楽になる。

対象となる人

認知症の人や介護者、専門職、地域の人など誰もが参加できます。

日時

令和3年6月3日(木曜日)※中止、令和4年3月3日(木曜日)

午前10時30分から午後3時

会場

尾張一宮駅前ビル(i-ビル)2階大会議室

申込み

前日までに高年福祉課にご連絡ください。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
       

このページに関するお問い合わせ

高年福祉課 地域支援グループ
〒491-8501 愛知県一宮市本町2丁目5番6号 一宮市役所本庁舎2階
電話:0586-28-9151 ファクス:0586-73-1019
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。