一宮市上下水道事業経営戦略

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID 1028556  更新日 令和5年3月17日 印刷 

経営戦略の趣旨

 一宮市の上下水道事業について、水道事業は低廉で安全な水の安定供給を目的として整備・拡充を実施してきました。また、下水道事業も生活環境の向上、公共用水域の水質保全、浸水被害の軽減を目的として整備しており、いずれの事業も市民生活に不可欠な都市基盤として重要な役割を果たしています。
 しかし、水道事業は人口減少や節水型機器の普及等により水需要の減少傾向にあり、料金収入の増加が見込めない一方、水道水を安定的に供給していくためには水道施設の耐震化や老朽化設備の更新などの設備投資が必要です。
 下水道事業は未普及地区の整備、施設・設備の長寿命化や浸水被害軽減等に多額の資金が必要となります。
 このように上下水道事業を取り巻く環境は厳しさを増していることから、健全かつ安定的に事業を持続し、経営基盤の強化を図ることを目的として、平成30年度から令和9年度まで(2018年度から2027年度まで)の10年間を計画期間とした経営戦略を平成31年3月に策定しました。

 令和4年度末には計画期間の半分となる5年を経過するため、これまでの成果の検証・評価、事業の見直しを行い、計画期間を令和5年度から令和14年度まで(2023年度から2032年度まで)の10年間とした経営戦略の改定を令和5年3月に行いました。

令和3年度取組状況報告書

概要

 策定した経営戦略は毎年度進捗管理(モニタリング)を行う必要があります。結果、令和3年度取組状況報告書として公表します。
〔内容〕
1.令和3年度の決算状況について
 水道事業、下水道事業の令和3年度経営状況を記載
2.令和3年度の収支状況について
 水道事業、下水道事業の令和3年度収支状況を記載
3.経営の基本方針の取組状況について
 水道事業では5項目、下水道事業では6項目の取組状況を記載
4.経営指標への評価について
 水道事業、下水道事業の経営指標(数値目標)の結果を記載
5.資料 用語の解説

令和2年度以前の取組状況報告書

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
       

このページに関するお問い合わせ

経営総務課 経営・会計グループ
〒491-8501 愛知県一宮市本町2丁目5番6号 一宮市役所本庁舎10階
電話:0586-85-7691 ファクス:0586-73-9252
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。