災害用備蓄食料について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID 1000573  更新日 令和5年2月22日 印刷 

災害用備蓄食料について

災害時の備えとして、ご家庭では食料及び飲料水(1人1日3リットル)を、3日分以上(できれば7日分)用意しましょう。

食物アレルギーをお持ちの方は、ご自身に適した食料を普段から備蓄していただき、避難所へ行く場合はそれを持参していただくようお願いします。

また、一宮市では、災害用備蓄飲料水として利用できる「おりひめ 木曽川が織りなす水」を販売しています。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
       

このページに関するお問い合わせ

危機管理課
〒491-8501 愛知県一宮市本町2丁目5番6号 一宮市役所本庁舎4階
電話:0586-28-8959 ファクス:0586-73-9212
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。