いちのみや市100周年のキャッチフレーズが決定しました

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID 1030547  更新日 令和4年1月14日 印刷 

100周年のキャッチフレーズ

「いちばんだいすき。一宮」

ボディコピー

一宮が、好きだ。
ちょっと都会でちゃんと田舎なこの街が、好きだ。
名古屋に近くて岐阜にも近いこの場所が、好きだ。
坂道のないまっすぐ広がるこの土地が、好きだ。
ドリンク代だけでおもてなしあふれるモーニングが、好きだ。
日本中に誇れる七夕まつりも、ツインアーチ138も、真清田神社も、
そのすべてが、私たちは好きなんだ。

「飛び抜けた1番」はないかもしれない。
でも、それでいい。それでも「あなたにとって1番の場所」に。

一宮市は、100周年。
これまで以上に市民のみなさまに愛される市をめざし、
魅力を高めつづけていくことを、ここに誓います。

決定までの経緯

 100周年のキャッチフレーズ制作にあたっては、まず、100周年を迎える一宮市への「想い」を言葉にすることから始めました。
 「想いを言葉に」をキーワードとして開催したワークショップ「100周年のキャッチフレーズを考えないと!(令和元年7月24日・31日開催)」では、参加された のべ84名の皆さんに、「昔の一宮市」「現在の一宮市」「未来の一宮市」の各テーマについて、「想い」のこもった言葉をたくさんいただき、市制施行100周年記念事業準備委員会、専門委員会の意見を参考にして、キャッチフレーズを決定しました。
 今後は、いちのみや市100周年ロゴマーク(10月中旬募集開始予定)とともに、さまざまな記念事業のPRに活用し、「いちのみや市100周年」を盛り上げます。
 なお、アドバイザーとしてワークショップに参加していただいた一宮市出身のコピーライター・CMプランナーである原央海(はら おうみ)さんには、市が決定したキャッチフレーズのボディコピー制作にあたり、アドバイスをいただきました。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
       

このページに関するお問い合わせ

政策課
〒491-8501 愛知県一宮市本町2丁目5番6号 一宮市役所本庁舎6階
電話:0586-28-8952 ファクス:0586-73-9128
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。