【終了しました】女性活躍推進シンポジウム~市川房枝生誕130年記念~

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID 1057248  更新日 令和5年12月14日 印刷 

テーマ

市川房枝生誕130年を記念してこれからの女性活躍の後押しとなるようシンポジウムを開催しました。

シンポジウムは終了しました。
開催日
令和5年12月10日(日曜日)
開催時間
午後2時 から 4時30分 まで
会場
尾張一宮駅前ビル(i-ビル) 7階シビックホール
定員
300名(応募者多数の場合は抽選)
広報一宮11月に女性の活躍に関して市長メッセージが掲載されました

第1部 講演会 午後2時 から 2時40分

人はみな変化の中で生きていく ~小説に描く、昭和から令和の女性たち~

講師:辻堂 ゆめ さん(小説家)

講師画像

1992年生まれ。神奈川県藤沢市出身。東京大学法学部卒業。在学中に第13回「このミステリーがすごい!」大賞優秀賞を受賞し、2015年に『いなくなった私へ』(宝島社)で小説家デビュー。

2021年、『十の輪をくぐる』(小学館)で第42回吉川英治文学新人賞候補。作中では、一宮市の紡績工場で生き生きと働く主人公の様子が、昭和30年代の活気あふれる中心市街地の情景とともにリアルに描かれている。

第1部

第1部では辻堂ゆめさんに講演いただきました。

第2部 パネルディスカッション 午後3時 から 4時まで

パネリスト
・辻堂 ゆめ さん
・在名古屋米国領事館 職員
・中日新聞社 記者
・花王グループカスタマーマーケティング株式会社 社員

進行
・中野 正康 一宮市長

第1部

第2部では・市川房枝さんに関して・女性活躍の今と昔・女性活躍についての国際比較・行政や周囲に求めることをテーマにパネルディスカッションを行いました。

プレゼント抽選会

第2部終了後、プレゼント抽選会を行い、抽選で辻堂ゆめさん サイン本をプレゼントしました。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
       

このページに関するお問い合わせ

政策課
〒491-8501 愛知県一宮市本町2丁目5番6号 一宮市役所本庁舎6階
電話:0586-28-8952 ファクス:0586-73-9128
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。