第7次一宮市総合計画(平成30年度開始)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID 1022818  更新日 令和3年3月24日 印刷 

 総合計画は、まちづくりの基本的な考え方を明確にし、総合的・計画的に行政運営を進めるための最も根幹となる計画です。

第7次一宮市総合計画の概要

 第7次一宮市総合計画は、平成30年度から10年間にわたる長期計画で、「基本構想」「基本計画」「実施計画」で構成しています。

基本構想

 「基本構想」は、本市の特長・強みや社会の潮流を踏まえ、本市の都市将来像と、それを実現するための「5つのプラン」と「2つのマネジメント」などを定めています。
 

都市将来像
  「木曽の清流に映え、心ふれあう躍動都市 一宮」

「5つのプラン」

  • Plan1 健やかにいきる
  • Plan2 快適にくらす
  • Plan3 安全・安心を高める
  • Plan4 活力を生みだす
  • Plan5 未来の人財を育てる

「2つのマネジメント」

  • Management1 人を呼び込む ~シティプロモーション~
  • Management2 持続可能で未来につなげる

日の出と木曽川の写真

基本計画

 「基本計画」は、都市将来像を具体的に施策という形で体系的に明らかにし、その取組の方向性や主な事業を定めます。計画期間10年間の中間年に見直しを行います。
 
前期基本計画は、平成30年度(2018年度)から令和4年度(2022年度)までの5年間の計画として定めました。

 基本計画において、それぞれの施策を取り巻く現状と課題や、施策を展開する方針と主な事業を掲載しています。
 1つの施策に、成果指標を1~3個、市民の体感指標を1個設定しており、今後の推移を把握していきます。

 また、行政が取り組む施策に関連して、市民として何ができるかを市民ワークショップで考えていただき、「市民が考えた『私たちにできること』」として、その一例を掲載しています。

第7次一宮市総合計画【PDF版】

 総合計画は、市資料コーナー(市役所本庁舎、尾西・木曽川庁舎)および市立図書館(中央・尾西・玉堂記念木曽川)でも見ることができます。

実施計画

 「実施計画」は、向こう3か年度に実施する具体的な事業を取りまとめた短期計画で、社会情勢や財政状況を考慮して、毎年度策定します。

計画書の販売

  • 基本構想/1部1,200円
  • 前期基本計画/1部800円

基本構想の表紙

前期基本計画の表紙

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
       

このページに関するお問い合わせ

政策課
〒491-8501 愛知県一宮市本町2丁目5番6号 一宮市役所本庁舎6階
電話:0586-28-8952 ファクス:0586-73-9128
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。