店舗販売業許可(新規)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID 1039925  更新日 令和4年7月6日 印刷 

申請の手続き

 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律で規定する医薬品販売業のうち、店舗販売業を営業しようとするときは、保健所に関係書類を添えて申請し、許可を受ける必要があります。

 なお、医薬品販売業のうち、卸売販売業及び配置販売業については愛知県知事の許可となりますが、営業所が一宮市内の場合は、提出先は一宮市保健所となります。詳しくは保健所へお問い合わせください。

 新規に許可申請を行う場合は、一宮市薬局等構造設備規則審査基準及び一宮市薬局等構造設備指導指針もご確認ください。新築、増改築、改装等の場合は、工事着工前に必ず図面を持参して保健所へ事前相談してください。

許可を受けるまでの流れ

1 事前相談

 相談者が持参した「店舗の平面図」について構造設備基準に適合するか確認します。まずは、図面ができ次第、ご相談ください。

2 申請書等配布

 平面図等に不備がない場合「店舗販売業許可申請書」及び必要な添付書類一式を窓口にてお渡しします。なお、様式はダウンロードすることもできます。

3 申請  

 必要書類等を受け付け、内容を審査します。書類に不備がある場合は、追加や補正をお願いします。申請時に現場調査日を決めます。

4 現場検査  

 構造設備や業務を行う体制が法律等に適合しているか確認します。不適合が認められた場合は、適合するよう改善を求めます。

5 許可  

 現場調査の結果、適合していると認められてから1週間程度かかります。

手数料

33,300円(現金)

申請書等

店舗販売業許可(新規)に関する申請書等様式1

様式はPDF形式かWord(Excel)形式をダウンロードしてお使いください。
申請者が精神の機能の障害により店舗販売業者の業務を適切に行うに当たって必要な認知、判断及び意思疎通を適切に行うことができないおそれがある者である場合は、当該申請者にかかる精神の機能の障がいに関する医師の診断書を添付しなければなりませんので、該当する場合は診断書が併せて必要となります。

店舗販売業許可(新規)に関する申請書等様式2

様式はPDF形式かWord(Excel)形式をダウンロードしてお使いください。
申請者が精神の機能の障害により店舗販売業者の業務を適切に行うに当たって必要な認知、判断及び意思疎通を適切に行うことができないおそれがある者である場合は、当該申請者にかかる精神の機能の障がいに関する医師の診断書を添付しなければなりませんので、該当する場合は診断書が併せて必要となります。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
       

このページに関するお問い合わせ

保健予防課 生活衛生グループ
〒491-0867 愛知県一宮市古金町1丁目3番地 一宮市保健所1階
電話:0586-52-3855 ファクス:0586-24-9388
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。