あんしん介護予防事業(介護予防・日常生活支援総合事業、新しい総合事業)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID 1015986  更新日 令和4年5月20日 印刷 

一宮市では、平成29年4月1日からあんしん介護予防事業(介護予防・日常生活支援総合事業、新しい総合事業)を開始しました。


あんしん介護予防事業(介護予防・日常生活支援総合事業、新しい総合事業)とは?

 いわゆる「団塊の世代」の全ての方々が75歳以上の後期高齢者となる2025年(平成37年)に向けて、ひとり暮らしの高齢者世帯や高齢者夫婦のみの世帯、認知症高齢者の増加が予想される中、多様化する高齢者の生活支援ニーズに対する新たな仕組みづくりが求められています。
 また、高齢者が住み慣れた地域で安心して生活するためには、地域全体で高齢者を支えていくとともに、高齢者自身も自らの持つ能力を最大限に生かし、要介護状態となることを予防していくことが大切です。
 そのための仕組みとして、介護保険法の改正により「介護予防・日常生活支援総合事業(新しい総合事業)」が創設されました。一宮市においても、平成29年4月1日からサービスを提供しています。

 なお、一宮市における新しい総合事業の名称については、市民の皆様に親しみやすい名称とするために「あんしん介護予防事業」といたします。


あんしん介護予防事業の利用の流れ

あんしん介護予防事業利用の流れ


あんしん介護予防事業で利用できるサービス

介護予防・生活支援サービス事業

 要介護認定で要支援に認定された方及び基本チェックリストによりあんしん介護予防事業の対象者(事業対象者)と判定された方が対象となります。
 これまで介護予防給付として提供されていた介護予防訪問介護と介護予防通所介護に相当するサービスのほか、緩和した基準で実施する訪問介護・通所介護のサービスを受けることができます。
 また、介護予防のためのさまざまな教室などが利用できるようになります。

 ※ サービスの利用については、地域包括支援センターなどが行うアセスメントの結果により決定されます。

訪問型サービス

 自分ではできない日常生活上の行為がある場合に、ホームヘルパー等による食事・入浴などの介助(身体介護)や、調理や掃除、洗濯などの支援(生活援助)が受けられます。
 また、転倒や栄養状態などに対する不安がある方には保健・医療の専門職が訪問し、相談・指導などの支援をします。

訪問型サービスの概要

通所型サービス

 通所介護施設で、入浴や食事などの日常生活上の支援や、機能訓練を日帰りで受けることができます。
 また、運動機能の向上、栄養改善、口腔機能の向上、認知症や閉じこもり予防といった介護予防のための教室にも参加することができます。

通所型サービスの概要


一般介護予防事業

 65歳以上の全ての高齢者の方を対象として、さまざまな介護予防のための取り組みを行います。

貯筋教室(転倒予防教室)

 転倒・骨折などを予防するための体づくりについて学ぶ体操教室を行います。

頭と体の体操教室

 認知症予防のために、計算や会話など頭を使いながら行う体操(コグニサイズ)を行います。

高齢者の栄養講座

 介護予防・転倒予防について、食事の面から学びを深め、フレイルを予防・改善しましょう。

元気はつらつ介護予防フェスタ

 介護予防の講演会や体験ブースなどで、実際に体験しながら楽しく学ぶイベントを行います。


事業対象者の判定について

 あんしん介護予防事業における介護予防・生活支援サービス事業を利用するには、要介護認定で要支援の認定を受けるか、事業対象者の判定を受ける必要があります。

事業対象者の判定を受けるまでの流れは次のとおりです。

1.基本チェックリスト(問診票)の実施

 あんしん介護予防事業における介護予防・生活支援サービス事業の利用を希望する場合、本人またはご家族の方が、お住まいの地区を担当する地域包括支援センターまたは市窓口(本庁舎高年福祉課、尾西庁舎窓口課、木曽川庁舎総務窓口課)で事業対象者判定のための基本チェックリストを実施することが必要です。(各出張所では行いません)
 なお、居宅介護支援事業者等に本人が回答した基本チェックリストの提出を代行してもらうこともできます。

(注) 申請時に必要なもの

  • 「介護保険被保険者証」
  • 申請者の身元確認ができる書類(運転免許証等)

2.事業対象者の判定、介護保険被保険者証の送付

 受付窓口において、実施した基本チェックリストの判定を行います。
 判定の結果、事業対象者となった場合は、おおむね1週間程度で事業対象者と判定された旨を記載した介護保険被保険者証を郵送します。
 介護保険被保険者証が届きましたら、サービス利用に必要なケアプランの作成を依頼するため、お住まいの地区を担当する地域包括支援センターにご連絡ください。
 地域包括支援センター、または地域包括支援センターから業務委託を受けた事業所の介護支援専門員がケアプランを作成しますので、作成されたケアプランの内容を確認していただいた後、実際にあんしん介護予防事業における介護予防・生活支援サービス事業の利用が開始されます。


関連情報

問い合わせ

高年福祉課 地域支援グループ
一宮市役所本庁舎2階
電話:0586-28-9151
ファクス:0586-73-1019

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
       

このページに関するお問い合わせ

高年福祉課 地域支援グループ
〒491-8501 愛知県一宮市本町2丁目5番6号 一宮市役所本庁舎2階
電話:0586-28-9151 ファクス:0586-73-1019
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。