市長メッセージ「国の方針変更を受けて(若年層向けワクチン接種)」(令和3年7月4日)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID 1041619  更新日 令和4年2月18日 印刷 

高齢者向けワクチン接種は予定どおり進んでいます

 高齢者向けのワクチン接種、体制が整った6月以降は順調に進み、6月末の時点で高齢者の7割ほどが1回目の接種を終えた見込みです。現在は、高齢者に加え、優先的な接種の対象とされる基礎疾患をお持ちの方などの予約や接種が進められています。接種の8割近くを担っていただく診療所(かかりつけ医など)、大規模な病院をはじめ、関係される医療従事者の皆さまに、あらためて感謝を申しあげます。

国からのワクチン供給が変更されても、接種券は予定どおり郵送します

 このたび、国によるワクチン供給の大幅な見直しがあり、残念ながら7月は一宮市の希望に満たない分量で、当市の接種計画も抜本的に変更せざるをえません。当市では、接種券を7月12日から50歳代など、順次、若い世代向けに発送する予定です。しかしながら、市内で予約できる接種枠は、国から配送されるワクチンに見合った規模に限られますので、当面は配られる接種券の数と比べて少なく、希望される皆さまに直ぐには行き渡らないことが予想され、心苦しい限りです。ご迷惑とご心配をおかけすることを、お詫び申し上げます。

次の段階(若年層向け)は集団接種の割合を高めます

 若い世代の方は「かかりつけ医」を持たない方も多く、また平日の昼間は仕事や学校等もあります。週末の活用がポイントになってきますので、市内の集団接種の割合を高めます。箇所数や接種数も大幅に増やしたいところですが、現時点では国からのワクチン供給が見込めないので各保健センタを一旦休止し、まずは8月「木曽川体育館」の開設から始めます。順次、ワクチン確保の見込みを立てつつ、会場の増加を検討してまいります。

市ウェブサイトでご確認ください~7/12に向けて

 若年層向け8月以降の接種については、一宮市立市民病院、木曽川市民病院、また大規模病院でも行う予定ですが、協力医療機関(かかりつけ医など診療所)では行わない見込みです。なによりも重要なワクチン確保の数を見定めた上で、なんとか7月12日(月曜日)には、予約の枠を市民の皆さまに提示できるように準備を進めています。諸事情ご賢察の上、いましばらくお時間を頂きますよう、お願い申し上げます。

令和3年7月4日 一宮市長 中野 正康

※8月の接種は行わない見込みですが、ワクチンの供給量により検討します(7月7日追記)

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
       

このページに関するお問い合わせ

新型コロナワクチン接種推進室
〒491-0076 愛知県一宮市貴船町3丁目2番地
電話:0586-72-1389 ファクス:0586-72-2056
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。