令和5年9月7日報道発表 特集展示「古文書にみる近世の一宮」開催のお知らせ

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID 1057335  更新日 2023年9月7日 印刷 

報道発表日 2023年9月7日

内容

 江戸時代の一宮がどのような社会だったのか、近世の庄屋文書の中でよく見られる三つの視点から紹介します。

 一つ目は「村の様子」です。一年ごとに割り当てられた中島郡苅安賀村(現一宮市大和町)や葉栗郡田所村(現一宮市田所)の年貢の量がわかる「免定」や、江戸時代に禁教であったキリスト教の信者「切支丹」の有無を調査した「宗門改帳」などは、村の代表でもある庄屋が取り扱う主要な業務でした。中島郡河田方村(現一宮市萩原町)や丹羽郡時之島村(現一宮市時之島)の「村絵図」には、当時の村の様子が詳細に記してあります。

 次に「身分の諸相」です。近世は身分制社会でした。苅安賀村の庄屋、船橋家ほか数件を一般的な例とし、特殊な例として村の牢人(主君のいない武士、浪人)であった丹羽郡瀬部村(現一宮市瀬部)の熊沢家や田所村の小島家を取り上げます。

 最後に「一宮の珍事件」です。葉栗郡玉ノ井村(現一宮市木曽川町)に住んでいた墨八百八の「記録」から当時の珍事件を、時之島村の大野勘三郎の覚書からは刃傷沙汰になりかけた事件を取り上げます。

開催日時

令和5年10月3日(火曜日)~12月27日(水曜日)

休館日:月曜日(ただし10月9日は開館)、10月10日(火曜日)、11月24日(金曜日)

午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)

 

開催場所

一宮市博物館 2階 特集展示コーナー

料金

10月14日(土曜日)から11月26日(日曜日)は企画展料金 大人500円、高大生250円、中学生以下無料。

ほかの期間は大人300円、高大生150円、中学生以下は無料。

 

お問い合わせ

一宮市博物館

電話0586-46-3215

〒491-0922 愛知県一宮市大和町妙興寺2390

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
       

このページに関するお問い合わせ

博物館管理課 博物館グループ
〒491-0922 愛知県一宮市大和町妙興寺2390
電話:0586-46-3215 ファクス:0586-46-3216
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。